極小敷地の住宅プロジェクト2

郊外の住まいを求めるより、市街地に住まいを求め、公共その他の充実したサービスの恩恵を受けるという選択は可能性としたら充分にあると思う。その中間もある.与条件の40~50坪の敷地に核家族をベースに28~35坪を基準に、それでも車2台の駐車を備えたプランの3D
1-下條4-11-下條4-3下條4丁目-41-下條4-81-下條4--001下條4-6



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ


▲このページのTOPへ