この夏の出来事

締切に追われたこの夏の記憶は、特別な出来事はなかったものの、例年どおり盆踊りの準備等でお盆は過ぎていった。足場組、当日の囃子、太鼓のリズムが合わないオジサンの為に、初めて我娘を引き連れステージにあげたことぐらいが真新しいことだった。この16日が本番の踊り山車の準備の会議が数度あり、絶望的な振興会メンバーの当日の参加状況を確認し、この先に不安を残しながら散会となった。愉しみにしていたのは、私の消しゴムハンコの先生、結城ななせサンらのふたり展で、絵画をみることだった。予想を越えて面白かった。なぜか蝶の羽根をつけてのショットも先方の所望なのでじょうがない。八月が終わり、仕込んでたハクサイの苗とタイコン、玉ねぎの種まきを終え、収穫まで見守る。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ


▲このページのTOPへ