事例 光の舞う家

初期の住宅、この頃は形をいじくりたいの気が大分あったように思う。プランはオーソドックスながら独自の空間をつくりたい。そこで作り出したのが、丸い壁と円周上に高窓を設け、光の舞う空間を演出することであった。吹き抜けはないものの、人が集まる空間は伸びやかに天井が高いほうがい気持ちいい。1階のダイニングリビングと2階のファミリールームは開閉式の戸があり、互いの気配が感られよう、そんな工夫をした。

モダンリビング掲載



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ


▲このページのTOPへ