旧曽我部家の改修

平成24年度、25年度にわたり改修工事が25年秋、最後に炉の吊り鉤を取り付けて完成、おおよそ個人の意志など入る余地のないものの、その時代に造られたモノたち痕跡を残し、今後長く持つための作業を指示したということだったのかもしれない。現場の棟梁や職人たちとのやりとりでいくつかの事柄を変え、指示を出した。そして幾つものことを学んだ。
武家山田家 0442013秋 0902013秋 2112013秋 0881-IMG_0139
武家山田家 043 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ


▲このページのTOPへ